お金と数字と温泉を考えるブログ

お金と数字と温泉を考えています。

Origamiの株価が一株1円だった件

本日、メルカリが傘下のメルペイを通じて、同業者のOrigamiの全株式260万株を取得したとニュースになりました。

そこで買い取られた株価が一株1円と衝撃的に安価な値段でした。

それに加え、メルカリに買収される際にOrigamiの従業員を7割カットするという話もありました。

Origamiにとっては非常に厳しい被買収だったわけです。

個人的にはメルカリとOrigamiが合併することに関して悪いイメージは無いです。

過去にもこの合併について、今後の展望を踏まえ記事を書いたことがあります。
umejiro330.hatenablog.com

一方で、最近こんなニュースが話題になっていました。
news.livedoor.com
「PayPayがOrigamiを潰したんだ」と、大変目を引くようなタイトルになっています。

Twitterでも話題になっており、PayPayの批判が多く書かれていました。

私個人の意見ですが、Origamiが競争に負けてしまったのは純粋な体力不足であったと感じます。

PayPayはソフトバンク楽天Payは楽天、LINE PayはLINEと、国内のトップ企業が競合するQRコード決済事業に、ベンチャー企業であるOrigamiは裸一貫で対峙したわけです。

多くのQRコード決済事業者が広告宣伝費をかけて普及を狙う中で、Origamiもそれに乗ってしまいました。

Origamiは増資を何度か受けましたが、合計でも数十億程度。

PayPayの100億円還元キャンペーンのような派手な広告宣伝を行おうものなら、あっという間に体力切れになるのは分かっていたはずです。でもそれに乗ってしまった。

PayPayや他の決済事業者がキャンペーンを行い拡大する最中に、体力不足になることを想定し早めに大きな会社の傘下に入る必要があったのではないでしょうか。

もしかすると、日露戦争で日本軍がロシア軍に勢いで一気に攻め込み勝利を拾っていったように、Origamiも勢いでシェアを拡大するつもりだったのでしょうか。

それとも、負け戦だと分かっても強硬した太平洋戦争のように、PayPayや楽天Payの参入に正面からぶつかりに行ったのでしょか。

QRコードの先駆けが木っ端微塵にされたのを見て、どれだけ技術力が優れていても、やはり最後は体力・資金力だなと感じました。

日本は祝日も…韓国株下落、緊急利下げか

一日で4%近くの下げ

本日、日本は祝日でお休みですが、お隣の韓国は平日のためマーケットが開いています。
明日以降の動きの参考になるため、動きを見ておきます。

韓国株式市場では、韓国総合株式指数(KOSPI)が4%近く下落しました。
要因はもちろん新型肺炎です。

f:id:umejiro330:20200224163952p:plain
韓国総合株価指数は下落

ちなみに、中国の香港ハンセン指数も2%近く、タイのタイ総合指数も2.5%ほど下げました。

韓国では先週半ば以降で感染者が増加し、日本を追い抜いて第2位となっています。
このような状況を受けて、韓国の中央銀行では金融緩和政策として政策金利の利下げも検討しているとのことです。

韓国の状況を受けて、本日の日経平均先物やダウ先物も大きく下げていることを見ると、明日の日本株や米国株は大きく下げることが想定されます。

株安が見えている状況ですが、個人的な投資方針は長期投資のため、特に保有銘柄を大きく売ることはしない予定です。

一方で、下落局面が見えていることから、ベア系ファンドでリスクヘッジしようかと考えております。
プレマーケットで少額購入し、更に下げるようであれば買い増し、というところですね。

日本銀行はこの状況で動けるのか

株価も心配ですが、それよりも景気悪化する日本の方が心配になります。

日本政策金融公庫では、先週より肺炎によるダメージを受けた企業に対して、低い金利で融資を行っております。
www.nikkei.com

一方で、本丸である日本銀行
2013年から量的・質的緩和や2016年からマイナス金利導入などで物価上昇を試みていましたが、一向に物価上昇は起こらず、
ETFの買い入れも減少させている状況で、打ち手があるのでしょうか。
韓国のように政策金利を下げるという手段は日本にはありません。
マイナス金利を0.1%下げるという話も出ていますが…

【投資信託】運用成功時にだけ信託報酬を取るファンドが誕生

f:id:umejiro330:20200223194755j:plain
手数料引き下げ合戦が止まらない

本日の日経新聞朝刊で、農林中金系の運用会社が投資信託の基準価額が最高値を更新したときにだけ、信託報酬を取る株式投信を発売するとニュースになりました。

投資信託は毎日手数料引き下げの話で持ちきりですね。

ブルームバーグが同じニュースを取り上げていたので、そちらを貼っておきます。
www.bloomberg.co.jp

「信託報酬を取らない」ではなさそう

投資信託の手数料についておさらいとして書いておくと、主に2種類の手数料が投資信託ではかかります。
①売買時の手数料
・販売手数料
・信託財産留保額
②運用時の手数料
・信託報酬

今回のニュースでは、この②についての手数料をゼロにするという内容です。

ただ、「信託報酬をゼロにする」ではなさそうです。
というのも、信託報酬は
・販売会社(投資信託の販売元)
・運用会社(投資信託の運用元)
・信託銀行(信託された資金の管理元銀行)

の3つで分配されます。そのうちの運用会社分を取らなくなる、と書いてあるので、信託報酬ゼロではなく、実質的な手数料引き下げのことを示していると思われます。

それでも、運用会社が手数料を取らないというのは株式投信で初。手数料の引き下げ合戦が行われている様相です。

ちなみに、該当するファンドは海外株を投資先とするアクティブファンドで販売手数料を取らず、楽天証券SBI証券で販売するとのこと。

証券会社の収益構造が試される

moneyzine.jp
投資信託は手数料下げ合戦が白熱しております。楽天証券では昨年度、すべての投資信託について販売手数料を無料化し、SBI証券についても、多くの取引手数料を下げる動きが見られます。

これは、昨今話に上がるFiduciary Duty(真に顧客本位の業務運営)に関係するものです。
これまで日本では対面型の証券会社によって、高い手数料を取るアクティブファンドを何度も売買させる(回転売買)させ収益を上げていました。

しかしながら、ご存じの通り、「貯蓄から投資へ」と言われる時代の中で、顧客に利益となるような業務運営を求められ、その中で手数料引き下げが過熱しております。今回のニュースも本件に係るものです。

顧客は利益を生む一方で、証券会社はこれまでのビジネスモデルを改める時期に入りました。
ただし、手数料が収益基盤であることに変わりはないため、証券会社としては今後は利用者を増加させ、手数料が下がっても数で補う時代へと突入するでしょう。

そうなると、経済圏を持つ楽天証券SBI証券に顧客が集まり、小規模証券会社は淘汰されていくのではないか、と考えております。

【米国株と米国債】週末の株価暴落による考え

株価暴落・債券利回り低下

木曜日・金曜日の米国マーケットは大荒れでした。

米国株

コロナウィルスの影響が徐々に米国マーケットにも表れ始めました。
ゴールドマン・サックスが、「市場はコロナウィルスを過小評価している」という意思表示をしたのも多少影響はあったと思われます。
www.bloomberg.co.jp

また、金曜日に発表されたアメリカサービス業や製造業の景気指数が予想値を下回り、それも株価下落の要因となり、前週から勢いづいていたハイテク中心に売りが入り、大きく株価を落としました。
f:id:umejiro330:20200222230403j:plain

米国債

株価の下落を受け、安全資産としての債券に買いが入り、米国債10年利回りが1.4%台にまで下落(価格は上昇)しました。
f:id:umejiro330:20200222230603p:plain

市場は荒れているが…

コロナウィルスで市場は荒れる傾向にありますが、個人的な方針としては特に保有している株式や投資信託を売却する予定はないです。

景気指数の下落に関してはコロナウィルスの影響によるものであることから、一時的な調整局面に過ぎないかな、と考えております。

もっとも、株式は下げておりますが債券も保有しているので、仮に下げ局面が続いても大ダメージにはならない想定です。

【おすすめ】同じ銀行で2つ口座を作ると良い理由3選【新入社員】

f:id:umejiro330:20200222170003j:plain

 2つ持てば、様々なメリットがある

新社会人になると、給与口座として銀行口座を指定されることがあります。
その際におすすめなのは、同じ銀行に2つ口座を作ることです。
2つ同じ銀行に作ることでメリットがあるので、それを3つお教えします!

 

 

 

理由1:目的別に使い分けが出来る


まず、銀行口座を目的別に使い分けできることです。
一般的に、1月の間のお金の流れを分けると下のように分類されます。

 

①生活費など、日常的に使用するお金

(食費・娯楽費など)

②電気代や水道光熱費やクレジットカード代など、定期的に引き落としがあるお金

(家賃・水道光熱費など)

③貯金をする・投資をするお金

 

もし銀行口座を1つしか持たないのであれば、上の①~③を全て1つの銀行口座で管理しなければなりません。
そうなると、どんなことが起こるでしょうか?

 

例1:引き落としの際にお金が足りない

今月、たくさんお金を使ってしまった…銀行口座には残り3万円しかないけど、クレジットカードの引き落としは5万円ある…どうしよう…

                                                    

例2:貯金が出来ない

 使って余った分だけ貯金すれば良いと思っていたけれど、意外とお金は余らないものだな…毎月残っている分全部使っちゃう… 

 

意外と、1つの口座で全て管理しようとすると、お金の流れが複雑になり上手く使いこなせないことが多いです。そこで、同じ銀行に2つ口座を作ってみると…

 

口座A

①生活費など、日常的に使用するお金

(食費・娯楽費など)

口座B

②電気代や水道光熱費やクレジットカード代など、定期的に引き落としがあるお金

(家賃・水道光熱費など)

③貯金をする・投資をするお金

 

と、目的別に分けて使うことが出来ます!

 ポイントは、すぐに必要な額をそれぞれ分配すること

銀行口座を2つ持つときのポイントは、給料が入ればすぐに口座ごとに必要な額をそれぞれ分配することです!

例えば、給料が20万円振り込まれたとしたら

口座Aに

①生活費など、日常的に使用するお金

(食費・娯楽費など)

②電気代や水道光熱費やクレジットカード代など、定期的に引き落としがあるお金

(家賃・水道光熱費など)

口座Bに

③貯金をするお金

と、すぐにお金を移動させましょう!そうすることで使い過ぎを防ぐことができます!

理由2:お金を動かす際に振込手数料がかからない

「お金を管理するのであれば、別々の銀行に口座を作れば良いのでは?」と思う方がいらっしゃるかもしれません。おおむね正しいですが、同じ銀行であると更にメリットがあります。

それは、お金を動かす際に振込手数料がかららないところです。

 

別の銀行にお金を移すとなると振込手数料がかかります。

毎月、手数料を払ってお金を動かすのは馬鹿らしいですよね。毎月200円くらいかかれば年間で2,400円。良いお店のランチにも行けてしまいます。

 一方で、同じ銀行であれば振込手数料が無料のところが多いです。(少なくともメガバンクであれば無料)それであれば同じ銀行で2口座持った方がお得ですよね。

 理由3:お金の移動がすぐに出来る

「私は銀行残高が結構あるから、他の銀行に振り込む際の手数料は優遇されていて、0円で振り込めるよ」という方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、同じ銀行で口座を作るメリットをさらに上げれば、お金の移動がすぐに出来る

という点です。

 

少し前まで、銀行から他の銀行に振り込むには、平日15時までに振り込まないとすぐに反映されないということがありました。去年くらいからそれが改善されいつでも振込がされるようになったのですが、それでも15時以降はタイムラグがあり、移動に時間がかかります。

一方で、同じ銀行でお金を移動させる場合は、即時移動が基本。思ったタイミングで移動させることが出来ます。

 

 まとめ

同じ銀行に2つ口座を作ることで、こんなメリットが得られます。

①目的別に使い分けが出来る

②お金を動かす際に振込手数料がかからない

③お金の移動がすぐに出来る

最近では、銀行口座が犯罪に使われることも多くなってきており、2口座作ることが出来る銀行も少なくなってきましたが、例えばメガバンクであれば「三井住友銀行」や「三菱UFJ銀行」で2口座を作ることが出来ます!しかもネット上か申し込みできるので簡単です。

f:id:umejiro330:20200222165110p:plain

三井住友銀行で2口座目を作ることが出来る   (出典:https://www.smbc.co.jp/kojin/open-account/)

口座を作るのは無料ですし 一度、試しに申し込みをしてみるのはいかがでしょうか?

 

 

 

 

為替ヘッジなしの威力に驚いた

緊急時用のファンドとして、資金を債券の投信に入れています。

昨日、円がいきなり円安に触れたのに驚いたのですが、今日更に驚きました。

f:id:umejiro330:20200220223954j:image

債券で1万円の値動き…?

入金でもしたのかと思ったのですが違いました。

為替ヘッジなしの外債投信を買っていたので、円安で価格が上昇したようです。

f:id:umejiro330:20200220224129j:image

日本が円安になっても戻らない日本株を見ていると複雑な気分ですが…

 

三菱が出資した「Grab」とMaaSを考える

『個人向けローンや保険を手掛ける』
昨晩、三菱UFJが、東南アジアで流行している配車サービス「Grab」に対して800億円の出資を行うと発表しました。
そして、提携して個人向けローンや保険を手掛けるとのことです。

Grab App

Grab App

  • Grab.com
  • 旅行
  • 無料
apps.apple.com

『Maas』

Grabは東南アジアで流行するライドシェアサービスの一つです。ライドシェアとは『相乗り』のことで、同じ目的地へ行く人をマッチングさせ、安い値段で目的地へ移動することが出来ます。

更に、日本では法律上禁止されている、自家用車で有償の輸送を行うことから町中にGrabの車が走っていることで、非常に便利な乗り物となっているそうです。
また、クレジットカードを紐づけておくことで予約から決済までストレスなくに行うことが出来ます。

このように、まるでマイカーのように自由に移動することが出来るモビリティサービスを提供するシステムや概念のことをMaaSと言います。

日本はMaaSで遅れを取っている

ところで、日本でも配車サービスは存在しています。例えば「Japan Taxi」では、タクシーをボタン一つで呼び、決済もクレジットカードを紐づけておけば簡単です。

f:id:umejiro330:20200220202446j:plain
近くのタクシーも一目で分かる

しかしながら、日本のMaaSが海外に比べて遅れている点としては、各サービス事業者が独立して自サービスのアプリを提供している点です。具体的には
〇タクシー:JapanTaxi
〇カーシェア:タイムズカーシェア
〇電車:Suica
という風に、移動経路によっては複数のアプリを用いる必要があります。

一方で、Grabではカーシェアもタクシーも用いることが出来るので複数の移動手段を兼ね備えていると言えます。
更に、海外ではタクシー・カーシェア・電車の決済を全て1つのアプリで済ませることが出来る「Whim」というサービスが北欧で流行しています。MaaSの最先端の世界です。
ちなみに、どうやら今年の春にサービスが日本上陸するとのことです。www.businessinsider.jp

Grabアプリは何でも提供する『スーパーアプリ』になる

ここで最初の「個人向けローンや保険」を手掛けるという話に戻ります。配車サービスが流行すると、このようなことが起こる可能性が想定できないでしょうか。
・カーシェアを使いたいけど、ちょうどお金を切らしてしまった
⇒個人向けローンを提供し、一時的にお金を貸し出す

・ドライバーの運転が荒く、いつも冷や冷やしている
⇒保険を契約して安心してもらう

というように、意外とMaaSと金融は相性が良いんではないかと考えますね。

既に、Grab上で出前を頼んだり、ホテルを予約するなど、移動を補完するような機能は備わっているものの、生活に密着する『金融』の機能は無いようなので、それを提供するために三菱UFJは出資をしたのだと考えられます。
生活に密着し、様々なサービスを提供する『スーパーアプリ』を目指しているのであろうと思われます。

参考文献です。